Page: 2/28  << >>
乗りすぎだってば!中型のジプニーに57人が乗り込んで海水浴へ
0
     レンタルのジプニー

    4月9日、ビーコールのナガの近くにあるブラというところからパサカオというビーチへ向かった。この日はコヤパエン(ワイフの義兄)の50歳の誕生日の翌日。前日から多くの親戚友人が集まっていて、参加希望者は大人子供合わせて総勢57人。目的地までは約1時間半。

    早朝1台のジプニーがやって来た。子供たちははしゃいで乗り込み、続いて大人たちも。コヤパエンに「もう一台はすぐ来るの?」と聞くと、これ一台で行くという。
    無理だってば!
    そんなこんなで眺めていると、車内が女性子供でいつぱいになると、生きのいい若い男女が10人ほど屋根に登りはじめた。最後に男衆がタラップなど足場が確保できるところに足をひっかけてジプニーにぶら下がり準備完了。
    乗れた‥‥というより 乗った!

    フィリピンでは定員オーバーの車はあたりまえ。ではあるが、これはやりすぎ。完全無欠の道路交通法違反のこのジプニーは、ビーコールの都会ナガの町を通ってビーチまで行くのだが、途中で出くわすおまわりさんは全く気に留めない。最近シートベルトの着用がうるさくなって、助手席に乗った時よく注意されるというのに。

    ナガ市内をぬけると、道は海に向かって曲がりくねった悪路になる。が、ドライバーもこの状態はなれている様子で、乗客のことはあまりきにせず車をとばす。
    出発して1時間半後、目的地のリゾートに着いた。コヤパエンに「中は大変だったろう、疲れた?」と聞くと「遊びに来たんだよ こんなのどってことない みんな楽しんでた」と言う。その間に他の乗客たちは海に向かって突進していた。
    楽しむためには多少の苦痛は惜しまない。

    ドライバーの横の特等席に座らせていただいていた、便利さと快適さになれきった、ひ弱な日本人には驚かされ、考えさせられる海水浴だった。
    この日のドタバタ海水浴は一人の脱落者・犠牲者を出すこともなく、夕方無事終了した。

    ジプニーとリゾート ビーチ
    パサカオビーチ1 パサカオビーチ2
    | Aちゃん | 16:14 | - | - | - | - |

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    Profile

    新アジアンリゾート・フィリピン

    japphバナー
    JAPPHバナー

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode