Entry: main  << >>
フィリピンでインターネットをつかい 日本のテレビのサッカーワールドカップ3次予選を見る
0

     ネットテレビ
    ■インターネットテレビのデフォルトサイズはこんなものです

    9月2日、2014年サッカーワールドカップ3次予選が始まった。
    フィリピンでも日本のテレビ放送を見ることができるが、NHKの国際放送「NHKワールド」のみ。番組内容は海外邦人向けの情報番組が多いから、サッカーなどのスポーツ番組はないし、もちろん民放の番組など見ることはできない。

    ドラマやお笑いなんぞ見なくてもどおってことはないのだが、予選とはいえサッカーのワールドカップとなると別格。ライブで見たい。さらになでしこのオリンピンク予選やラグビーワールドカップも始まる。というわけでなんとかして日本のテレビを見る方法はないかと調べた。
    唯一ありました。(かなり有名なようですが)
    無料インターネットテレビ視聴ソフト■KeyHoleTV(キーホールテレビ)
    (概要)アンテナ不要。テレビチューナー不要。P2P技術によってパソコンで地上波アナログ・テレビ放送を視聴することができるソフトウェア。総務省の「次世代P2P型コンテンツ流通高度化技術に関する研究開発」によって開発されました。

    さっそくソフトをダウンロードして視聴してみた。画像は小さく画質も必ずしもいいとは言えないが、無料でなおかつ日本のほとんどの番組が見れるのだから感激、大満足。

    午後6時を過ぎ、パソコンの前にサンミゲルビールとおつまみを並べ観戦の準備も万全。子供たちはこの小さな画面の前に座り込んで意気込んでる私を見て、なにしてんの?と不思議そうに見ている。フィリピンではサッカーは全く人気がないからつきあってもくれないし、この状態で一人で観戦することとなった。
    キックオフ直前に放送局にチャンネルをあわせた。ことろが、な・な・なんと、映像がほとんど見えない。
    画面が細かなブロック状態になり、何がなんだかわからない。選手のクローズアップはなんとか見れるのだが、選手が走り回っている画像などになるとこれがほとんどブロック画面になる。状況によっては、敵味方50人対50人くらいの選手がプレーしているように見える。しかも途中で止まってしまう。再度接続をすると、利用人数が超えているので接続できないときた。それでもなんとか接続を試みる。この状況を2時間繰り返していた。で、最後に勝ったことだけはわかった。疲れた。

    このソフトはどうも動き回る画像は不得手のようだ。
    今後のサッカーやラグビー観戦も、他に視聴する手段がないから同じことを繰り返することになりそうだ。
    ところでこれだけインターネット技術が発達しているのに、海外でインターネットを介してテレビを見ることができないのはどうかと思う。確かに放映権、スポンサーとの問題などがあるだろうけど、今や日本人が海外に数十万人いることを考えれば、もう少しネットでのテレビ配信も考えたらどうかと思う。

    キリンビールさん、今後はネットテレビでのサッカー観戦する際には、サンミゲルビールではなく一番搾りに変えますので、なんとかワールドカップ、アジア大会、オリンピックのサッカー中継(予選も含めて)だけでもネットで配信していただけないでしょうか。世界のキリンビールをめざそうではありませんか。よろしくお願いしま〜〜す。
    ■フィリピンのインターネット事情はこちらhttp://www.japph.com/spot-info/internet.html



    ■何人対何人のサッカー?(オリンピンク予選の画像)


    ■細かいブロック状態になる(オリンピンク予選の画像)



    ■一般の番組はほぼこれくらいで見ることができるので問題なく楽しむことができる
    (地震速報も映し出されている)



    | Aちゃん | 19:26 | - | - | - | - |

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    Profile

    新アジアンリゾート・フィリピン

    japphバナー
    JAPPHバナー

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode