Page: 1/1   
これだけは勘弁してください バルット
0


    フィリピンの食べ物は、総じて日本人にあわないと言うことはなさそうだ。極端な香辛料を使うわけではないし、しょうゆベースのものも多い。米が主食だから、結果的に味付けも共通する部分かあるのかもしれない。
    フィリピンでは日本と同じように米を炊いて主食とするが、これはあまりうまくない。独得のにおいがある。それに炊いてすぐに食卓に出すことをしないから、かえってまずくなる。「炊いてすぐに食べるようにしようよ」と言ったことがあるが、そんな習慣はないからと言うことで却下された。

    先日、娘が行商のお兄ちゃんからいくつかの卵を買った。おいしいから食べてみてと言うことで、卵を取ると暖かかったので、これは湯で卵だろうと思った。
    割ると、なにやら暖かい液体が。ムムなんじゃこりゃ。さらに割ると、なななんじゃコリャ〜〜〜〜〜ということで、ひよこが出てきた。ただし丸湯でで。話は聞いたことがあるが、これがあれか〜。かなり動揺した。娘はそれを見て笑いながら、おいしそうにかぶりつきはじめた。
    見た目に食えん!日本人は食えん!と断固拒否したが、娘はそれを持って追いかけてくる。
    彼女いわく、生卵をご飯にかけて食べる方が、もっと気持ち悪いと。それも一理あるかもしれない。

    この卵BALUTバルットというらしい。写真の中程にあるのがくちばし。これも食べると柔らかいらしい。足もある。やっぱり食えん。

    | Aちゃん | 16:22 | - | - | - | - |
    フィリピンでは日本食が大人気
    0


      フィリピンには驚くほど多くの日本食レストランがある。中には外見からして何のレストランだか分からないものもある。太った少年?日本ではあり得ないネーミングだが、マカティのど真ん中に堂々と存在する。

      焼き肉、すし、牛丼、ラーメン、うどん、さしみ、何でもあるから、日本食が食べたくなって、日本に帰りたいなんてことは起きない。そんななかでフィリピン人に人気なのが天ぷらだろう。我が家でも食事に出かけると「てんぷ〜ら」がまず先にオーダーされる。

      個人的に言えば寿司がうまい。カリフォルニア巻なども横行しているが、マグロの寿司はうまい。海洋国家フィリピンだから、いいマグロが捕れるのかもしれない。米も日本のものを使っているようだ。
      こちらで寿司を頼むときは、一貫、二貫とは言わない。2ピース、4ピースと頼む。寿司をそのようにオーダーするのは、かなり違和感がある。

      中にはとんでもないものもある。パークサイドの隣にある小さなラーメン屋に入ったとき、ついつい天ぷらラーメンというものを頼んでしまった。天ぷらラーメン?名前だけ聞けばごくフツーにありそうだから頼んでしまったけど、日本でお目にかかった記憶がない。
      案の定、すぐに油っぽいラーメンに天ぷらの衣が解けて、ドロドロの物体に変わってしまった。天ぷらはそばだよ、いくらてんぷらが好きでもこれはなかろう、と呟きながらサンミゲルで口を洗い流し店を出てきた。

      | Aちゃん | 02:14 | - | - | - | - |

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      Profile

      新アジアンリゾート・フィリピン

      japphバナー
      JAPPHバナー

      Search

      Entry

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode